渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンカラ
2006年05月28日 (日) | 編集 |

今月のGWの釣行でテンカラ大王石垣先生おすすめの
「渓峰テンカラ」&レベルライン&ハリ(寄り道1・15)を使ってみました
手作りの毛鉤を含めて、すべて初めてずくしの道具でしたし、
それまで使っていたラインが
チタンなので、レベルラインが飛ばせるのか不安テンカラ竿でした。
ライン2









このようにお道具は立派なんですが、私は2003年の6月の初テンカラ釣りから(釣り日誌1)まだ3回しかテンカラをやったことがないし、魚を釣ったことさえありません。自作毛鉤

ラインは竿と同じ長さの3.3mにして、ハリスは1mにしてみました。
ちょっと緊張しながら振ってみると…案の定ヘニャヘニャ?(~_~;)
ところが数回振っているうちに飛ぶようになったし、
狙った場所に落ちるようになったんです。
ナイロンの糸が簡単に飛ばせるとは思っていなかったので意外でしたね?。(※RS?4は実際はフロロカーボンでした)

気が着いたことは、振り下ろす時に空気の抵抗を感じないこと。
ソフトと言うか…力を入れることなくフワ?ンと飛んでいきます。
もしかすると石垣先生の振るシーンを思い浮かべていたからかも知れませんが。
         ↑手首しか使っていないのが良く分かります。

もう一つが今までのテンカラ&ビデオは、振り下ろす時に体が動くため
ビデオ画像も大きく揺れて見られた物じゃなかったのに、
今回はぜんぜん揺れないんですよ。
(ラインは見えないと思いますが釣り日誌23に今回のビデオがあります)

結局1匹だけ飛びついてきた魚がいましたが、その後は音沙汰なし。
餌釣りで釣果を上げている相方を見ると我慢できず、
半日粘ってギブアップです。(^^ゞ
でも、この道具で飛ばせることが分かっただけで満足でした。
手に入れて良かった?(^.^) 先生ありがと!


スポンサーサイト
石垣尚男テンカラ大王
2006年01月15日 (日) | 編集 |

 




















テンカラ大王こと石垣尚男先生
ネット友だちのエゾモモさんの強い勧めと先生からメールまで頂き
1/14(土)渋谷のサンスイというショップのイベントに参加しました。

 
電車駅 






電車に乗るのは何年ぶりかな…?携帯メールしてる人が多いナ  狭い店内に参加者十数人、女性は私一人じゃん!ちょっと予想と違うぞ?。案の定すぐに「たろうさんですか?」と声を掛けられご挨拶。
まず石垣先生プロデュースのテンカラ竿「渓峰」の説明があり、竿の「LLSのSはスケベのS、LLHのHはエッチのHではありません」 と先生らしいギャグが…(^_^;) その後Q&Aそしてデモンストレーション。
石垣先生2      



















こんな歩道で、しかも人通りと雨の中での
デモンストレーションでした。 デモのビデオ((1.63MB)

  さてQ&Aを抜粋してみます 

Q:毛鉤には何故羽が必要なんですか?
A:伝承みたいなもので別になくてもいいんですよ。
Q:毛鉤のサイズや種類について
A:ヨーロッパの河川や湖は流れがフラットなので魚が毛鉤を見て(セレクトして)普段食べている餌と同じ大きさだと喰ってきます。 
そのためフライの場合は様々な形とサイズを用意して選ぶんですが、日本の渓流は落差があり流れが早いので、魚はじっくり見ている余裕なんかない。まず口にして違ったら吐き出す。だから鉤のサイズは通年10号前後、種類も1つでOKです。
釣れる釣れないは毛鉤のせいじゃなく腕ですよ。(笑)
Q:ラインの色は影響ありますか?
A:魚には一切影響はありません。むしろ人にとって見やすいかどうかです。
テンカラの場合、視認性はとても重要です。
Q:ラインに餌釣りのように目印を着けてもいいでしょうか?
A:同行した方にそれを見つけると、ボクが全部切っちゃいます(爆笑)    
空気抵抗で絶対に飛びません。
通常4号のレベルライン、腕が上がり3号にすればもっと飛びます。
Q:返しのあるなしについて
A:ボクはバーブレスフック普及協会員で鉤はバーブレスしか使いませんが、返しのある方がバレる確率は低いですよ。と言って胸のワッペンを示す。
ワッペン
バーブレス普及協会

:岩魚にテンカラは向いていませんか?                                          A:とんでもない!岩魚こそテンカラで良く釣れるんですよ。
岩魚は山女魚やアマゴと違って目が上にあり、いつも上を見てます。泳ぎも上手くないから、山女魚・アマゴみたいに水中を流れてきた餌を猛スピード追いかけるのも苦手。
岩陰に潜んで上から落ちてくる餌を狙っているから毛鉤はピッタリです。
Q:1つのポイントで何投ぐらいしますか?
ボクは早いですよ。だいたい3投して出てこなければ次に行きますね。
昔は一跳ね30匹と言ったんですが今でも10匹はいます。
力がある奴、食い気がある奴が上(水面に近い所)にいてテンカラで狙うのはそういう魚。深く沈める餌釣りでは難しいですね


もっと色々な話を聞いたんですが…? 思い出したら追加します。

先生の本 

















エゾモモさんの指示に従いサインも
サイン













鉤とレベルラインと竿も購入
(写真クリックで拡大)
 テンカラ  
 





 












竿を買うとオマケがあった!ラインがWっちゃった? 先に知っていれば(-_-;) おまけ

 














「老眼毛鉤」(^.^) 

鉤
 




デモが始まる頃に先生のお知り合いらしい方々が来店。
その中にこの鉤の考案者の方も。










↓テンカラ大王作の毛鉤
 
毛鉤

















おまけ













今回のライブドアの問題とは無関係と思いますが、プロフィールやカレンダーなどがトップに表示されません。
HPは「岩魚のめ」です。
毛鉤 テンカラとフライのどっち?
2005年12月22日 (木) | 編集 |
素石さんの追悼が記載されているので手に入れた1冊。 本1 
  文








300ページの約100ページがフライフィッシングと毛鉤についてでこれが私には超難解なんですね? 

ご覧のようにカタカナの洪水。仕方がないと思うのだけどフライフィッシングの場合、正直言って「日本語で書いてよ?」と腹が立つ文章も多いのです。
フライフィッシングに馴染めない最大の理由はそこかな。
私が好きな川にマッチしない釣り方とも思うし。
今日読み終えたこの本、著者の木村さんはテンカラ以外の釣りはしない方。毛鉤は犬のコロ君の毛と戴き物のキジの剥製の羽だとか。(^^)
     
本2
フライの毛鉤は色も形もバリエーションが豊かで
写真を見ていると作りたくなる。
比べてテンカラの毛鉤は地味だな? でも味がある。
なぜ同じ毛鉤釣りなのに毛鉤に対する考え方がこうも違うのか…? フライは毛鉤を含めて楽しむスポーツ。
テンカラは職漁師の商売道具。歴史の違いだとようやく分かってきたものの果たして釣れる毛鉤はどっち?
木村さんはその疑問に愚問!どちらも同じだし上手くなくちゃ釣れません と答えている。
その通りだ??(^O^)
そして散々毛鉤作りにハマっていた著者が悟りを開いたように… 「毛バリは魚を魅了するのが役目で、テンカラ師を誘惑するためのものではない。
だが、私の心も体も毛バリのトリコになってしまうのだ。(中略)釣れない責任を毛バリに押しつける前に、流れの読み方やポイントへの投入方法、誘いのかけ方などを見直すほうが先決だろうに。(中略)
毛バリなんて何でもいい。今使っている毛バリでもいい。今使っている毛バリでなくてもいい。これからは、そう思うことにする。毛バリに迷うことは、もうあるまい。テンカラの神髄は、毛バリの呪縛から決別できた時に見えるのだろう」

私は何も始めていないと気が付きました。
毛鉤にハマってみようと思います。来年こそは釣れなくても辛抱してテンカラを頑張るぞ!
しかし何故私はわざわざ釣りにくいテンカラをやりたいのかな…?
餌でさえ満足な釣りができない私が。

初めて作った毛鉤
2005年12月18日 (日) | 編集 |

「はり」で変換すると「鉤・針・ハリ」でも「けばり」は「毛鉤」だけ。
以前から不思議に思っています。 今日生まれて初めて毛鉤を作りました。 毛鉤1
ご覧のようにブザマな毛鉤です。
けれど本人は80%のデキと思ってます。
初回のテーマは「沈まない毛鉤を作る」こと。
テンカラと言うか毛鉤で一度も魚を釣った事もない私ですが、初めてのテンカラがトラウマなのか、毛鉤は沈めるのではなく、魚を水面に誘い出して釣りたい!という気持ちが強くて、そのためには毛鉤自体が沈んでしまっては意味がない。
ところが今まで私が使ってきた市販の毛鉤は3投もすると沈んでしまいました。浮くための薬剤を着けてもやはり同じで、とても不満でした。
沈めて釣るのであれば餌釣りでいい。と言うのが私の考えです。
私の毛鉤釣りのイメージは魚の方から浮いて飛びつくことなんです!
だから絶対に沈まない毛鉤を作りたかった。 kebari2
その目的ために鳥の羽はあってもなくてもかまわない物でしたがたまたま拾った羽があったので、あしらってみました。
胴体は発砲スチロールです。でもこれは思っていたよりも加工しずらかった!次回は発砲ウレタンにしようと思っています。 私なりの判断ですが


◆岩魚も山女魚も広範囲は見えても決して目は良くない。
◆餌っぽいものと判断すれば何にでも喰い付こうとする。
では彼らが餌っぽいと思う物は?
「アレは何だ!?」と彼らが注目する形や色は?そう考えた時に発想したものがこんな毛鉤でした。
でも糸が上手く巻けなくて無様な代物になってしまったのね?(T_T)


初めてのテンカラ釣り
2005年12月01日 (木) | 編集 |

初めてテンカラを振ったのは前述した秘密の川に初めて行った時のことだ。
崖の上から降り口はないかと足元を覗いて見ると真下の淵に一匹のみごとな山女魚が悠然と泳いでいる!
テンカラ釣りは私の憧れ。職漁師の釣法であることと「テンカラ」という言葉の響き。魚がヒットした時の衝撃などを本で読むたびに胸がときめいていた。 竿


 


 


 


 


 


私の仕掛けは市販の毛鉤(1つ50円)にラインはチタンだ。
空き地で練習をしたもののフロロのラインでは上手く飛ばせず、チタン製のライン3.3m(約1,500円…高い!)にしてみたら結構飛ぶ。
「これならイケる!」ど素人の私は(今でも)遠投さえ出来れば良しと思っていた。そこでこの日はテンカラ釣りに挑戦する目的の釣りだった。
山女魚のいた淵からずっと上流で、ようやく降りられそうな場所を見つけた。
焦る気持ちを抑えながら淵の見える所まで近づくと、山女魚はまだいた!
水深1.5mの淵の真ん中、水面から60cm下に定位している。
25cm位いの大物だ。 前方から狙っても良かったのか?
今でも分からないが、私は本の主人公を真似して背後から狙う事しか知識がなかった。
這うように姿勢を低くし、音を立てないように、視線さえ気が付かれそうで、魚を見ないようにしながら後方に移動した。
釣れるかな…釣れないだろうな…絶対釣れないよ…釣れなくても仕方がない。でも釣りたい。
そんな呪文を繰り返しながら何とか山女魚の真後ろにあった大きな岩陰に到達。
覗くと山女魚の後姿がしっかり見えた。奴は気付いていない。
竿を伸ばしてラインを付けて白い毛鉤を選んで… 毛鉤が山女魚の鼻先10cmに落ちる瞬間をイメージする。
勝負は一投のみ!頭上に障害物はない。
息を吸い込み、竿を立て、振り下ろした。
毛鉤はフワーッと孤を描いて山女魚の上に飛んで着水、の寸前!ロケットのように山女魚が水面に跳ね上がって来た!
「あぁぁーッ」アワセルもヘッタクレもない。出たのは声だけ。
心臓はバクバク鳴り、体の中がカーッと熱くなった。
これが生まれて初めてのテンカラの経験になった。
その後も何度かテンカラ釣りに挑んではみたものの、結局我慢ができず、すぐに餌釣りに切り替えてしまうため未だに1匹の釣果もないままだ。
やっぱり釣りはハリを作る事から始まるんだろう。
毛鉤を自分で作らないからテンカラの思いも希薄だった、と今は思う。
自分で作った毛鉤で岩魚が釣れたらどんなに嬉しいだろう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。