渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢・死ぬんじゃなかった!
2005年08月26日 (金) | 編集 |

昼食後、木陰に車を止めて本を読んでいるうちに眠ってしまった。


夢を見た。
ちょうど自分が死ぬところだ。
「ヤッターッ、これで生き返れるぞ?!」
「次は子供の頃から釣りする!何十年もたっぷりできるじゃん!」
そう思うと嬉しくてたまらず、私はニヤニヤしながら死んでいった。


私は直ぐに生まれ変わり、そして生まれて初めて(?)の釣りに出かけることにした。
死んでから60?100年後の未来はずだ。
「さ?いくぞぉ、楽しみだな?」
「時間はたっぷりある。何百回釣りができるかなぁ」
などと考えながら幸せ一杯だ。


しかし生まれ変わったのに私は私のままだし竿もリュックもウエダーも同じじゃん!?
まぁ夢だからそれを変とも感じていない。


大好きな渓流の入口に着いた。
森を抜けて川に立った。
ところがそこにあったのは流れは淀み、メタンガスの泡が浮き、
カビ色で腐った臭いのするドブ川だった。
瀬音もない。岩もない。岩魚もいない。
向こう岸には住宅街が広がり、並んだ屋根の上に灰色の煙った空。

私はその場にへたり込んでしまった。
あの美しい水と愛しい岩魚がフラッシュバックのように目に浮かんだ。
「こんなはずじゃない!」
「死ぬんじゃなかった!」
「誰がこんな事したんだよぉ!」
怒りと悲しみが体中から溢れ、
顔を覆った両手の中で自分の声がひびくほど大声で泣いた。
指の間からにじんだ涙がポタポタと音を立てて落ちた。


と、そこで目が覚めた。
胸元は涙かヨダレか分からないもので濡れて
瞼は腫れ、目は充血し、鼻水がたれ…顔は修復の仕様がないほど壊れていた。


どうか正夢でないように。


スポンサーサイト
女の釣り!
2005年08月21日 (日) | 編集 |

甘えてばかりの女が嫌いだ。
女の自分が言ったって説得力ないけどね。
釣りでも仕事でも生活でも男や誰かに依存している女が嫌いだ。


助けられても良いよ。
甘えてもかまわないよ。
それが犬と女に備わった生きる知恵だから。


弱い「狼」が人間との共存を選んで「犬」になったんだって。
犬は人間に好感を持たれるように仕草や表情を変えてきたんだって。
でも犬は人間を頼るだけじゃなく役に立とうとしてるよ。
場合によっては人間を命がけで守る。
人間に寄生するんじゃなく共生する唯一の動物だよ。


女も犬のようでありたいもの。


つり


トイレの無い船に乗るかい?
昔の釣り船にトイレなんてなかったよ。
女の海釣りが盛んになったのは船にトイレが完備されるようになったからだよ。
けどね、渓流にトイレはないんだよ。
シャワーだシャンプーだ、食後は磨き。そんなもん渓流には無いんだよ。
野糞が出来なきゃ渓流釣りは無理!
渓流はあんたたち女のためにトイレやお風呂を用意しない。
しなきゃ来ないなら来なくていいんだ。
渓流釣りに色気は無用。


やろうよ!渓流釣り。


お流れ一人旅
2005年08月09日 (火) | 編集 |

出発が近いので釣バリを作り始めた。
渓流用のハリは小さいしハリスも細いし、
1本作るに1分ほど掛かる面倒な作業だが
それでも自動ハリス巻きを使いたいと思ったことはない。
今回はいつものように2泊3日、あるいは3泊4日、いや気の向くまま何日でも。
休暇の終わる16日までに戻れば良いと、ノンキな
1人旅を予定していた。

ところがである!「俺も行く」と相方が言うじゃないか?!
多少気が引けたから「行く行かないは早く決めてね」とは言ったけど…
これで今回の釣りは違ったものになってしまった。


釣り方それぞれ、楽しみそれぞれ。
世間や日常から離れて、何もかも忘れて、
渓流に一人取り残されたようなあの感覚が私には至福の時だ。
夕暮れにやっと車止めに戻ってくると、
愛車が家族のようで思わず抱きしめたくなる。
お酒を飲みながら薄く切ったサラミをしゃぶってランプの灯りで本を読む。

電話の相方の声が愛おしかったり、妙に長話になったり…
夫婦なんて離れているほど優しくなれるもんですよ。

「亭主は遠きに在りて思う者」一句


渓流釣り 下手で良かったかな
2005年08月06日 (土) | 編集 |

岩魚が好きで広葉樹に包まれた渓流が好きです。
小石を敷き詰めた河原より大石が点在し、
多くの落ち込みを連ねた勾配のある渓がいい。
民家が見えるだけでどこか興ざめしてしまうけど
かと言って険しい山岳渓流を登る勇気も体力も無い。
806そんな私が入る川は自由に竿を振ることができない藪や雑木に囲まれるストライクゾーンの狭い枝川・沢川と呼ばれる細流。
だから竿は長目でも仕掛けの短いチョウチン釣り。
特に木々が芽を出し枝を伸ばす季節は
時には1mない糸をポタンと落とすような釣り。
見上げれば青空、孤を描いて伸び伸びと竿を振る。
そんな釣りだって好きですよ。
ただし周りに人影がなく野生的な岩魚がいるのならね。


下手なぶん大きさや数にこだわらず釣りが楽しめることだけは幸せかも。


ゴミを捨てるような人間は釣りすんな!
2005年08月04日 (木) | 編集 |

2002年の3月解禁間もない時に社員旅行で栃木県の川治温泉に行った。


川治周辺の中三依や川俣は前年にも釣行していたので約半年ぶりの鬼怒川だ。


車窓から川の流れが見えると「やっぱり竿を持って来れば良かった」と思うばかり。


旅館に着いて一服していると目の前の川でフライを振っている男性がいる。


たまらなくなって旅館を飛び出した。


 


裸足になった足に3月の雪解け水はこれ以上ないと思うほど冷たく


5?6歩で渡れる流れでさえ容易でなかった。


邪魔してはいけないと思いつつも話しかけると


彼は私を邪険にすることなく暫し話し相手になってくれた。


身なりや道具類を見ても相当のキャリアの人物で海外での釣行も多いと言う。


年齢は30代前半で裕福な生活ぶりが伺える品の良い男性だった。


私が岩魚好きなことを話すと


「ここから遠くない所に良い岩魚が釣れる穴場がある」とある川を教えてくれた。


 


2ヵ月後の5月、嘘か誠か半信半疑だったが相方同伴で教えられた渓に行った。


そして相方は27.5cmの岩魚を釣り上げた。


彼は嘘なんか言っていなかったのだ。宝物を貰ったように嬉しかった。


 


しかし翌年その川が釣り場のガイド本に「穴場」として掲載されてしまった。


まさに私が立っていたポイントが写真入りでだ!


今年3年ぶりに行ってみたが、案の定魚影は薄く散乱したゴミばかりが…


 


ひとこと言いたい。てめーらゴミ捨てんじゃねーよ!!


 


 


渓流も道具もない千葉県
2005年08月01日 (月) | 編集 |

海釣り天国渓流地獄の千葉県だから釣具店は多くても
渓流釣りのアイテムとなると極端に少ないのが現状。
特に私の生活圏内の釣具店では渓流に関する道具ゼロだって珍しくない。
そんな中で私の釣り道具の仕入れ先はある町の「アタック5」と「上州屋」。
とは言ってもせいぜい買うのは目印とかオモリとか糸などの小物だけだが。
だってシューズもウェダーも海用しかないんだから仕方がない。


1ヶ月ぶりにアタック5に行ってみた。何か変だ。
5種類しかなかった渓流鉤が3種類に。さらに渓流竿が消えている!
元々2?3千円のオモチャ竿が幅50cmほどのコーナーに飾ってあるだけだったけど
それでも無くなると寂しいじゃん!
次に上州屋に寄ると、ここも変だ。ワゴンにオモチャ竿が積まれ半額のタタキ売り。
渓流竿のコーナーはやはりなくなっていた。
やわらかガン玉を買おうとしたら無い!無くなっている!!
普通のガン玉とゴム付きがチョッピリあるだけだぁ。

これからはガン玉1つさえネットで買うしかないのかな?
商品が少なくたって、買わなくたって、見ていれば楽しかったのに…(泣)

1つだけ穴場の店があった。それはゴルフ&釣具のリサイクルショップだ。
渓流竿やウェダーなんてないけれど鉤があった。
スレ鉤しか使わないしナイロン糸の出来合いの物も使わないから
この店で大量に「吉村渓流」や「アマゴスーパーライト」などを見つけた時は
宝物でも発見したように嬉しかった。しかも1つ35円とか90円だぞ!
私は数ヶ月掛けて渓流用のスレ鉤を全て買い占めた。
何故そんなに時間が掛かったかと言うと、定員が渓流のことを知らないから
適当に他の鉤と一緒に突っ込んであるんだよね。
鮎どころか鮒や海釣りの鉤に混じっているもんで探すのが一大事。
月2?3回通って鉤の整理整頓をしながらお目当ての鉤を探していたもんで
店員からはいたく感謝された。
結局その店から渓流用スレ鉤はなくなってしまったが、それでも半スレはたくさん残っていたし
また入荷していないかが気になってつい行ってしまう。

そして今日見つけたぞ?!鮎足袋は23cm新品500円!tabi


男性には分からないと思うが自分に合ったシューズやウェダーは
小柄な私には最も手に入れにくいアイテム。
メーカー直なら無くはないが高くて手が出ない。
だから今使っているものも全て足のサイズは24cmで厚手の靴下を履いたりして、どこか違和感がある。
試着したらピッタリじゃん!

ネットでも入手困難な商品。値段を聞いて心の中で大笑いだ。

海外にブランド物を買い込みに行くおねえちゃん・おばちゃんみたいに
岐阜に釣具仕入れ旅行しようかな…とさえ思う今日この頃でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。