渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タマゴタケとクマシメジのクリーム&トマトパスタ
2010年10月26日 (火) | 編集 |


タマゴタケ


クマシメジorハマシメジ


タマゴタケ・クマシメジ・ニンニク(ひとカケ)のみじん切り・玉ねぎ(半分)・トマト(1個)ベーコン(2枚)


生クリームで良いと思うが、クリームパスタのしつこさが苦手なのでサワークリーム(大さじ2杯)を使ってみた。

サワークリーム

1)ニンニクを焦げないようにオリーブオイルで炒める
2)ベーコンを加えて炒めた後、玉葱を加えて炒める。
※玉葱は塩を加えて炒めると甘みが増すとのこと。ベーコンの塩分が塩の代用になる
3)クマシメジを加えて炒める

タマゴタケを加える
4)タマゴタケを加える
※今回は冷凍保存したものを使用


タマゴタケの赤が消え、スープが黄色くなり旨みがるまで炒める

色合いもいい
5)トマトを加え、ひと煮たちさせる
※トマトピューレでもOKかも

煮る
6)サワークリームを加え、黒コショウと塩で味を調えて2?3分煮る


7)パスタを入れてソースとからめて完成?(^^♪

「これはお金が取れる料理だ」と自画自賛。もちろん相方も絶賛してくれたが、今まで作ったパスタ料理の中で一番美味しいと思う!
ポイントはサワークリームとタマゴタケだ。このキノコはすごい。
昨日の夕食はキノコのすき焼きで、タマゴタケはすき焼きにはNGだと思った。ああした濃い味ではタマゴタケの繊細なダシは殺されてしまうし、柔らかい食感も合わないっす。
今日のパスタの食感の良さはクマシメジの持ち味。ダシは今ひとつかも知れないが、まったく癖がなくシメジ独特の食感がいい!
この2種類のキノコはお互いの長所短所をカバーしあった良い組み合わせに違いないぞ。

今回の基本レシピは貝類など旨みの濃い食材なら何でも美味しくできると思いますよ?
スポンサーサイト
正体不明のキノコはサマツモドキ
2010年10月13日 (水) | 編集 |
このキノコの正体はサマツモドキでした!
気になってもう一度行ってみました。ブナなどが茂る別荘地の一角で、地面は苔に覆われています。頑丈で姿も美しいキノコだし、匂いも薄く穏やかで美味しそうに見えるのですが不食だそうで残念。

 こんな場所
ここにしかない

 先日のキノコ
3日前
 立派な大きさ
茎も伸びた
 傘がめくれて
3日後の今日
 裏側
ヒダは優しいクリーム色
ヒダは緻密です
非常に密です 
 キノコのサイズ
全部で4本の株+チビ1本
 キレイなキノコ
いい形のキノコです
 乗ってます
親子?
 赤紫の傘
傘はアズキ色でビロードみたい
 ウラから見たところ
頑丈なキノコです
 中はこんな感じ

匂いは薄く温和で少しだけかじってみると無味、というか…美味しいかも^^;
形態からキシメジ科のキノコだと思う。

結局サマツモドキというキノコと分かりましたが、食べられないようです。

タマゴタケ パート2
2010年10月11日 (月) | 編集 |

珍しいキタマゴタケ
キタマゴタケ

キタマゴタケ
タマゴタケには赤・黄・茶があるようです。
タマゴダケ
傘のヒダが黄色、テングタケは白。
コテングダケモドキ

←たぶんコテングタケモドキ(毒) 

傘はスベスベして、テングタケのような白いボツボツもない。

★タマゴタケ
ヨーロッパから食菌であることが伝わったようで、それまで日本では食べなかったキノコだと書物で読んだ。

 アキヤマタケ

アキヤマタケ
ぬめりがあり、小型で超もろいキノコ。匂いも味も温和で、どんな料理にもOK。サラダの具にするとキレイだ?
     オトメノカサ?
         オトメノカサ(?)
   全身真っ白、匂いもなく味に癖もない

 ヌメリガサ

小型で茎は中空、全体にぬめりがあるが、特に傘はヌメヌメ!ブナヌメリガサかな?ヌメリガザ科のキノコとは思うが違うかもしれない。 

謎の巨大キノコ 
謎の巨大キノコ
大きなキノコです
傘の直は20cm以上、ビロードのような感触感触でヒダはクリーム色で緻密。茎の直径も3?4cmあってとても硬い。
一体このキノコの正体は何だ????
 タマゴダケのパスタ

←タマゴタケのパスタ
赤と黄とのブレンドだが、やっぱり黄色く染まった。
    収穫
    ぬめりがあるキノコが好きかも・・・・

別荘

 周囲はお金持ちの別荘地郡。どの家も立派で、我が家なんて車庫みたいなもんだよな?


タマゴタケは美味しい!
2010年10月10日 (日) | 編集 |


タマゴダケなんと!自宅から車で10分かからない所でタマゴダケピークをちょいと過ぎていたらしく、
周囲には開きすぎたタマゴタケがいっぱいあった。
それでもこれだけ大量のタマゴタケは初めての経験。
以前栃木県で1本採ったことがあるだけなんで、
まさか自宅近くにこんなにあったとは・・・・発見!
P1040436-aさ??食うぞ食うぞ食うぞ???
調理法を調べると、天ぷら、サラダ、吸い物、スープ、
素焼き、パスタetcと、どのような料理でもOK。


まずは幼菌をそのまま素焼きにしてポン酢で。
まったくクセはないが、美味しくもなかった
P1040439-a開いたものは、しばらく塩水に浸して虫を落とす。
P1040441-a大きい方はウスムラサキシメジ(?)かな?と、
小さいのはウラムラサキ。
ウラムラサキは味に癖はなく旨みもないが、
ただ見た目より頑丈なキノコで歯ごたえと噛み心地が良いい。

P1040445-a

数種類のキノコとお味噌汁に。
タマゴタケから黄色い汁が出ることが分かったが、
量が少なかったのでタマゴタケの特徴は分かりにくかった。

タマゴタケのソテー

ソテー(バター炒め)
肉はツルツルとして舌触りが良く柔らかい。
香りこそないが、まろやかな独特な旨みがある。

P1040444-a

ウスムラサキシメジとともにマヨネーズだけを加え、ホイル焼きに。
蒸し焼きはキノコから大量の水分と旨みが出るので、
キノコ本来の味が良くでる。

この料理は抜群に美味しかった!!

ウスムラサキシメジは肉がシッカリしていて
食感は悪くないが、うっすら土臭さがあるので、すき焼きなどの濃い味の料理の方が向いている。
スープが黄色いことでも分かるように旨みはすべてタマゴタケのもの。
クリーミーで、マイルドで、とても上品な優しい味なのだ。

タマゴタケがこれほど美味しいキノコとは知らなかった!
このキノコの美味しさを楽しむなら、強い食材と混ぜたり、濃い味付けをせず、
タマゴタケから出るダシを味合う料理がいいと思う。
バターやマヨネーズとの相性が良さそうだから洋風の料理が向いているかも。

実は金色のタマゴタケも見つけていたので、明日もう一度いってこよう?
明日はパスタとスープを作るぞ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。