渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
釣り人が知らないスーパーの渓流魚
2005年09月21日 (水) | 編集 |

 


岩魚や山女魚・アマゴの釣り人が


スーパーでそれらの魚を買って食べるなんていう事はまずないでしょう。


でも見聞のため見かけたら食べてみると良いと思う。


 


渓流釣りを始める以前のことだが旅の途中で良く釣り堀に寄った。


釣れた虹鱒をその場で焼いて食べさせてくれる。


それがまた美味しい!塩焼きだったり腹に味噌を塗って焼いた物だったり、


子供たちは大喜びで2匹も3匹も焼きたての虹鱒を頬張ったものだ。


 息子が釣り堀でもなかなか釣れない岩魚を釣った。彼は得意満面だったなぁ。


半身は息子が、もう半身を他の3人で食べたが皆虹鱒より美味しいと言ったっけ。


 


その後スーパーで何度か虹鱒を買った。


しかしスーパーの虹鱒は同じ魚とは思えないほど不味い。


中には腹を割ると内臓がドロッと流れ出し、


焼いていると身が溶け出すように崩れて、とても食べる気にならない物もあった。


何度買っても釣り堀で釣った虹鱒の旨さはなかった。


 


たとえ釣り堀であっても素早く調理した魚は美味しい。


渓流釣りをする人なら当たり前のことだが、


魚の鮮度を保つ最大の方法は料理するまで生かしておく事。


それが無理なら素早く締めて、必ず腐りやすい内臓とエラを取り除く。


 


でもスーパーで買う魚は内臓もエラも残したままで一体何日経っているんだろう?


これは9/14に千葉県のあるスーパーで売られていたアマゴ。


日付を見て欲しい。



スーパーアマゴ


 


 


 


 


 


 


加工年月日9/10、消費期限9/13


加工年月日とはこの魚をスーパーでパック詰めした日付のことだ。


 


渓流釣りをする人でこの魚を買う人はいないだろう。


でも知らない消費者がこの魚を買って食べたとして美味しいと思うだろうか?


子供は言うよ「この魚美味しくないね。僕アマゴは嫌いだ」


 


岩魚も山女魚もアマゴも養殖で何とか維持されている貴重な魚だ。


地産地消費でその日のうちに料理できる流通ならまだいい。


わざわざ腐らせるような流通と販売をしてはいけない。


この魚を食べた人が渓流や渓流魚に対する興味や理解なんて持つはずがない。


不味いという印象を広めるだけの悪循環だ。


 


また渓流魚の美味しさはその美しさにもあると思う。


それが伝われば需要は伸びるし生産性も高くなるだろう。


多くの人が岩魚や山女魚やアマゴを身近に感じ、


貴重な魚だという事や奇麗な水や豊かな森の大切さを知ってもらえるかも知れない。


 


私は生かして販売するのが一番いいと思っている。


実際生かして販売している養殖業者もある。


送料は多少掛かるが魚自体の値段は高くはない。


それが難しいなら、せめて一夜干し・塩焼き・燻製・甘露煮など調理済みの形の方がいい。


渓流魚のでたらめな流通は止めるべきだと思っている。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
何でもカンでも商売に結びつける発想は良くないですよね。

特に川魚は海の魚ほど種類も味も多彩じゃないし、流通には無理がある魚じゃないかな?

そのために変な改良や輸入をして在来魚が影響を受けるのは破壊行為だと思うんだよね。
2006/09/29(金) 21:14:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
「渓流魚のでたらめな流通はやめるべき」

まったくその通りです。



岩手においてはこの問題のほかにも釣のマナーの点では考えられない団体があります。それは、河川で釣った渓流魚をネット販売している団体があります。この団体は山菜、きのこ、渓流魚を扱っており、17,8cm位からのサイズを販売流通に出しており、釣自体が、ビジネス化しているので、釣好きを通り越し、金儲けになっているのは残念と思ってしまいます。たまたま、地元の河川でこの団体の方に出くわしたことがありましたが、魚篭の中の中小の渓魚を指差し、「ぜんぜん少ない」と言い、去っていきました。

スーパーのパック詰虹鱒とは違った「でたらめな流通」が始まっています・・・


2006/09/26(火) 23:53:00 | URL | だめだめ人間 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック