渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
渓流釣りは芸術だ!
2005年11月27日 (日) | 編集 |
渓流釣りのエッセイが好きです。
全部オークションとネットで入手しているので渓流釣りとは違う本を買ってしまうこともあります。
海釣りだったり、鮎だったり、雑魚だったり、鮒だったり。(^_^;)
その中で鮒釣りの随筆ほどつまらない物はないと思ってるんです。
滝も、山も、崖も、急流も ない。ビバーグも、焚き火も、魚を焼くシーンもない。鉄砲水や、落石や、熊に怯えることも ない。
大物と格闘して岩につまずき走り回ることもない。
座っているだけの鮒釣りは静か過ぎますね。全てが止まってるんだなぁ。
当然著者である釣り人にも動きが少ないし見ている風景も止まっているから読んでいて想像力を刺激するようなシーンが少ないのですよ。
鮒釣りは釣りエッセイや釣行記には向いてないと思う。
では鮎釣りは?海釣りは?…と考えた時に釣り文学は渓流釣りに尽きるという結論が出しました。
渓流釣りには芸術と神秘がある!
鮒・鮎・海釣りの好きな方が読んだら、きっと身勝手で横暴と思う話でスイマセン。
でもこんなアホな私でも渓に立つとアーティストになれるんですよ。
渓流釣りの釣り人って文才がある人が多いのはきっとその辺りに理由があるのかも知れませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック