渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛鉤 テンカラとフライのどっち?
2005年12月22日 (木) | 編集 |
素石さんの追悼が記載されているので手に入れた1冊。 本1 
  文








300ページの約100ページがフライフィッシングと毛鉤についてでこれが私には超難解なんですね? 

ご覧のようにカタカナの洪水。仕方がないと思うのだけどフライフィッシングの場合、正直言って「日本語で書いてよ?」と腹が立つ文章も多いのです。
フライフィッシングに馴染めない最大の理由はそこかな。
私が好きな川にマッチしない釣り方とも思うし。
今日読み終えたこの本、著者の木村さんはテンカラ以外の釣りはしない方。毛鉤は犬のコロ君の毛と戴き物のキジの剥製の羽だとか。(^^)
     
本2
フライの毛鉤は色も形もバリエーションが豊かで
写真を見ていると作りたくなる。
比べてテンカラの毛鉤は地味だな? でも味がある。
なぜ同じ毛鉤釣りなのに毛鉤に対する考え方がこうも違うのか…? フライは毛鉤を含めて楽しむスポーツ。
テンカラは職漁師の商売道具。歴史の違いだとようやく分かってきたものの果たして釣れる毛鉤はどっち?
木村さんはその疑問に愚問!どちらも同じだし上手くなくちゃ釣れません と答えている。
その通りだ??(^O^)
そして散々毛鉤作りにハマっていた著者が悟りを開いたように… 「毛バリは魚を魅了するのが役目で、テンカラ師を誘惑するためのものではない。
だが、私の心も体も毛バリのトリコになってしまうのだ。(中略)釣れない責任を毛バリに押しつける前に、流れの読み方やポイントへの投入方法、誘いのかけ方などを見直すほうが先決だろうに。(中略)
毛バリなんて何でもいい。今使っている毛バリでもいい。今使っている毛バリでなくてもいい。これからは、そう思うことにする。毛バリに迷うことは、もうあるまい。テンカラの神髄は、毛バリの呪縛から決別できた時に見えるのだろう」

私は何も始めていないと気が付きました。
毛鉤にハマってみようと思います。来年こそは釣れなくても辛抱してテンカラを頑張るぞ!
しかし何故私はわざわざ釣りにくいテンカラをやりたいのかな…?
餌でさえ満足な釣りができない私が。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
たすき振り=竿はまっすぐ立てる、後ろへ倒さない!左手で毛鉤を持つ、その手を左の腰の後ろで離すと同じに竿をポイントめがけて、「はたき」を架ける要領で振り込む?頭を釣らないように(笑)



ぶら下げておいて、振り込んでも良い!



提灯の送り込みは、錘がないので、無理だと思う。
2005/12/26(月) 19:31:00 | URL | てつ #79D/WHSg[ 編集]
No title
「ヘラで言うたすき振り」が分かりませんよ?。

いつものチョウチン釣りと同じで感じでいいのかな?
2005/12/26(月) 18:32:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
元々ながいはリスで振りまわすのは、チョット違う!

精々竿いっぱいの仕掛で挑戦してね、ポイントに付いたら、しゃがんで、竿が立てられれば、OKですよ!バックは要らないから、ヘラで言うたすき振りが基本です!!手首を極力使わないように、竿の胴で最後は押し出す感じで、手首を使うと強く水面を叩いてしまいます。頑張れ?イメージトレーニング、効果的!!
2005/12/26(月) 10:17:00 | URL | てつ #79D/WHSg[ 編集]
No title
どんな川で釣るのかも問題ですよね。

薮が多い小さな川に入る事が多いから、それだとテンカラはやり難いし練習にならない気もするし…
2005/12/25(日) 10:24:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
てんから本気ですか?・・・・岩魚に絞ってやったら、良いと思う、年間釣行が限られて、てんからだけだと、釣行記が悲惨な結果になりかねない(笑)餌釣りで岩魚を見つけて(いるのを確認)してから、天から出せば良いと思います。5時間の釣行で半々にやったら、良い。最初は餌でとりあえず満足してからね!!
2005/12/25(日) 03:30:00 | URL | てつ #79D/WHSg[ 編集]
No title
テンカラは圧倒的不利という先入観がありますね。

しかしエサより釣れる時期が必ずあります。

しかもエサでは絶対狙わない浅い瀬で岩魚が出たりする。

エサ交換が不要なので実際は手間がかからない楽な釣法なのですよ。

財布にも非常にやさしい。

とにかく一度釣り上げることが大事。

すると脳内麻薬が出て快感となりエサ釣りでは満足しなくなります。
2005/12/24(土) 20:09:00 | URL | エゾモモ #79D/WHSg[ 編集]
No title
オールシーズンですかぁ?!??(◎o◎)/!

そんなぁ?1回2回なら我慢できるけど…きつい。
2005/12/24(土) 18:19:00 | URL | えええええ! #79D/WHSg[ 編集]
No title
>私のテンカラチャレンジはどうなってしまうんでしょうね?

エゾモモさんとのお話から・・・。

>テンカラをやると決めた釣行は一切餌は持たないで行きます。

少なくとも一シーズンはどんなに釣れなかろうと毛バリ釣りで通す覚悟が・・・、安易な方に流れて結局は。

何時も辛口は年寄りの頑固の為と容赦下さい。
2005/12/24(土) 09:15:00 | URL | 杣爺 #79D/WHSg[ 編集]
No title
じっさまごめんなさい。書き方が悪かったですね。

木村さんにお会いしたことはありません。文章直しました。

アマゴンスキーさんのガールフレンドさんから何度かメールを頂いた事はありますが。

私のテンカラチャレンジはどうなってしまうんでしょうね?

不安なようなワクワクするような…^^;
2005/12/23(金) 08:58:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
何度もすみません。

そうですロマンです。テンカラは釣り人(男女共に)の浪漫です。

岐阜のアマゴンスキー(木村)さんに接したのですね、そういえばアマゴンさんの釣り友の香魚さんも女性テンカラ師ですね。
2005/12/23(金) 07:54:00 | URL | 杣爺 #79D/WHSg[ 編集]
No title
エゾモモさん:そうだそうだ!責任あるぞ?

って、直ぐに頭に乗る性格を分かって言っていますか?

エゾモモさんの指示に従います。テンカラをやると決めた釣行は一切餌は持たないで行きます。

で、現地調達はいいのかな…(^_^;)



じっさま:木村さんが生まれて初めて見た渓流釣りがテンカラだったそうで、その見かけた釣り人が今のお師匠様だそうですよ。

「自分で巻いた毛鉤は…」ものすごく憧れます。釣りは男のロマンだ!
2005/12/22(木) 23:02:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
テンカラ以外を知らぬに何も云えませんが。

多分・・・自分で巻いた毛バリのテンカラでの岩魚一匹は餌で釣った10倍以上の喜びを感じるでしょう。
2005/12/22(木) 22:18:00 | URL | 杣爺 #79D/WHSg[ 編集]
No title
テンカラにはまってはまってえ?。

毛針巻き道具を落札させた責任も多少あるのでシーズン中はなるべくフォローしますよ。

エサ釣りがうまいからテンカラもうまいとは限りませんからまずやりましょう。

一番の秘訣はですねえ、エサを買わないこと。

買わず、買わせず、持ち込まず。三原則。

ボウズの屈辱は明日の名人への糧となる。
2005/12/22(木) 21:24:00 | URL | エゾモモ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。