渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
テンカラ
2006年05月28日 (日) | 編集 |

今月のGWの釣行でテンカラ大王石垣先生おすすめの
「渓峰テンカラ」&レベルライン&ハリ(寄り道1・15)を使ってみました
手作りの毛鉤を含めて、すべて初めてずくしの道具でしたし、
それまで使っていたラインが
チタンなので、レベルラインが飛ばせるのか不安テンカラ竿でした。
ライン2









このようにお道具は立派なんですが、私は2003年の6月の初テンカラ釣りから(釣り日誌1)まだ3回しかテンカラをやったことがないし、魚を釣ったことさえありません。自作毛鉤

ラインは竿と同じ長さの3.3mにして、ハリスは1mにしてみました。
ちょっと緊張しながら振ってみると…案の定ヘニャヘニャ?(~_~;)
ところが数回振っているうちに飛ぶようになったし、
狙った場所に落ちるようになったんです。
ナイロンの糸が簡単に飛ばせるとは思っていなかったので意外でしたね?。(※RS?4は実際はフロロカーボンでした)

気が着いたことは、振り下ろす時に空気の抵抗を感じないこと。
ソフトと言うか…力を入れることなくフワ?ンと飛んでいきます。
もしかすると石垣先生の振るシーンを思い浮かべていたからかも知れませんが。
         ↑手首しか使っていないのが良く分かります。

もう一つが今までのテンカラ&ビデオは、振り下ろす時に体が動くため
ビデオ画像も大きく揺れて見られた物じゃなかったのに、
今回はぜんぜん揺れないんですよ。
(ラインは見えないと思いますが釣り日誌23に今回のビデオがあります)

結局1匹だけ飛びついてきた魚がいましたが、その後は音沙汰なし。
餌釣りで釣果を上げている相方を見ると我慢できず、
半日粘ってギブアップです。(^^ゞ
でも、この道具で飛ばせることが分かっただけで満足でした。
手に入れて良かった?(^.^) 先生ありがと!

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title




フロロはナイロンに比べて伸びがないから合わせ切れの危険性はある。

竿が優秀ならばあまり気にすることはない。

沈みやすいので毛鉤を浮かせる人はナイロンを使う釣り師もいるよ。

テンカラ大王はフロロのハリスだ。

おらは編み糸ラインなので合わせ切れしやすくナイロン1?1.5号を使う。
2006/05/29(月) 19:26:00 | URL | エゾモモ #79D/WHSg[ 編集]
No title
フロロでした!テンカランバさんありがとう。

ナイロンだとばかり思っていました。直ぐ修正します。



エゾモモさん:↑のテンカランバさんが教えてくれるまでラインはナイロンだと思ってました。実は私、ナイロン糸を持ってないのでハリスも0.8のフロロだったんです。

これはどうなんでしょうか?
2006/05/29(月) 18:52:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
サンスイRSはナイロンではありませんよ。

ちゃんと石垣先生の話し聞いてました?
2006/05/29(月) 16:56:00 | URL | テンカランバ #79D/WHSg[ 編集]
No title


ライン3.6のハリス70センチでも良いと思います。

全長は同じ。

飛ばしやすい方で。

毛鉤に真っ赤なアクセント付けると岩魚の反応が違いまっせ。

エサ用の目印を細く切って少し巻くのも良い。

終日テンカラで!!
2006/05/28(日) 23:55:00 | URL | エゾモモ #79D/WHSg[ 編集]
No title
渓流マスターさん:はいマスター大巨匠先生。でも次いつ行けるか分かりませ?ん。



あきらさん:お久しぶりです。ってもし別人ならごめんなさいね。

相方と行ったのが良くなかったですよ。向こうが釣れているから、どうしてもあせってしまうでしょ。

一人ならあと1時間ぐらいは続けたかも(^^ゞ
2006/05/28(日) 21:47:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
私もフライを始めたときは、つれないとすぐ餌つりに切り替えちゃいました。でも、がんばってください。テンカラ、きっと釣れるになります。

水面をツーッと流れる毛鉤・・・。突然、ガバッと飛びつくイワナ。ああー考えただけでたまりません。今年はまだ一度もイワナ釣りに行ってないもんなぁ。
2006/05/28(日) 20:56:00 | URL | あきら #79D/WHSg[ 編集]
No title
降り込み練習得とくされて良かったね。



一つアドバイスをお聞き下さい!・・・狙った所へ降り込むコツがあります、これは天からに限らず、ヘラでも渓流の長竿でも、ルアーでも同じです。



@降り込みたいポイントを見つめて降り込む事です。

 決して竿の機動やラインを見ない事です、ポイントに視点をあわせておけば、手が勝手にポイントへ送り込みます。(余計なお世話なら消してくださいね)経験からのアドバイスです。
2006/05/28(日) 20:16:00 | URL | 渓流マスター #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック