渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界が違って見える
2006年06月12日 (月) | 編集 |

私の日常には家族がいて、仕事の仲間や上司や取引先の人や…
狭い世界だけど、それでもたくさんの人々と触れ合う毎日。
目が覚めたら家族が違う人間になっていることも
出社したら社長が別人になっていることもない。
昨日の続きみたいに同じような登場人物と同じような日常が繰り返されて、
TV番組のレギュラーみたいだ。


渓流釣りに一人で行くとトリップする。
孤独感より、むしろ義理も縁も慣れも身分も、な?んにもないヨソ者に分けてくれる親切や優しさに触れて暖かい気持ちになれるんだよねぇ。

何故か岩魚を釣る時にも同じ気持ちになるんだよ。
私はやっぱりヨソ者。いや、もっとヨソ者。敵。
なのに歓迎されていると思えるのよ。
都合良く考えると私が素敵だから?(^^ゞ
岩魚や山女魚は「釣った」じゃなく「釣れた」と感じる理由なのかな…?

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
>中里村から志賀坂峠を越えると・・・地図地図

あった、赤平川ですね!

はい、今度行ってみます。
2006/06/18(日) 11:00:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
いえ、ちゃんと載っていますよ。

神流川の上流へ独行で入られたんですね、少し下の中里村から志賀坂峠を越えると直ぐに荒川の上流です。

何時か、おいで下さい。
2006/06/18(日) 07:31:00 | URL | 杣女爺 #79D/WHSg[ 編集]
No title
そんなバカな!今度はちゃんと読めます。



釣りの最中に何度も振り向きますよね。

物音や人声がする訳じゃないのに…フッと振り向きませんか?
2006/06/17(土) 16:10:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
あれ…杣爺さんのコメントがあったと思ったけど・・ない?

杣爺さん、ごめんねぇ。ブログの使い方が完璧ではない私です。m(__)m
2006/06/17(土) 16:05:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
本当に原生の奥域へ独りで入り込むとそう感じます。

私は、もの凄い孤独を感じてしまいますが、何時も何処かで人の話声がするようです。山稜や塞がる瀑の上向こうには桃源郷があるように思ってしまいます。(山の彼方の…でしょうか)

家に戻ると厳しい現実で“呆けたか”と云われてしまいます。
2006/06/15(木) 14:44:00 | URL | 杣女爺 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。