渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな渓流
2006年07月30日 (日) | 編集 |

何度も来た馴染みの川は故郷に帰ってきたような安心感がある。
でも初めて行く渓流もいいもんだと思う。
入渓は楽だったのに進むにつれて険しくなったり、滝に前進を阻まれたり、
やっと滝を超えたら大きな渓谷になっていたり…。

行方の様子を知っているよりも、知らない方が楽しいめる場合もあるよね。
渓
こんな小渓流は不安と好奇心が入り混じって気持ちをかき立てる。       


緊張感もあるけど、
もっと上に行けば釣れるかもしれないと思ってしまう。

上に行けば何かステキなものが待っているような…




 



なぜか開けた河原に立つと、何を目標にしたら良いのか、何処へ行けば良いのか、
自分が自然からはじかれたようで戸惑ってしまうことが多い。
それが鮎釣りに惹かれない理由の一つかな?なんて思ってる。川


                 











  

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。