渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手の青年
2006年09月14日 (木) | 編集 |

久々にディスカウント釣り具店を覗いてみました。
いわゆるバッタ商品ですが、正規の釣具店には絶対にない渓流鉤があり、
しかも1パック数十円と激安!
この2?3年私が使っていた鉤はほぼこの店で買った物です。

スタッフも千葉県人なんでしょうねぇ。
海釣り用の鉤は比較的キチンと種分けされていても
渓流用は鮎も山女魚もアマゴもダンボールに山積み状態。
その中からお宝探しのように欲しい鉤を掘り出すのがチョッと楽しみで、
通りかかるたびに立ち寄っていたんです。

ところが半年前に店内がリニューアルされ、
釣りのコーナーは1/3に縮小、渓流鉤はスッカリ消えてしまいました。

店内を見回していると「何かお探しですか?」と店員が声をかけてきました。
「渓流用ならこちらに・・」と案内された場所には
5パックづつ袋に詰められた鉤が少しだけ並んでいました。
「一袋100円は安いねぇ」
「渓流用は売れないですから。まだ裏にはたくさんあるんですよ」
「前は何でもかんでも箱に突っ込んであって、
時々来ては私が整理してたんだよ」と笑いながら店員の顔を見たら、
オッ、年の頃25才前後のいい男じゃん!(^_^;) 

彼は岩手出身で岩魚釣りが好きだという。
岩手では釣り人自体が少なく、山女魚が盛んに放流されているので
自分のように源流部まで行って岩魚を狙う者は多くはない。
初期はミミズ餌にガン玉を付け沈めて流し、
暖かくなってからは山イナゴを水面に泳がすようすると
尺クラスの岩魚がいくらでも釣れる。
大淵などは40?50cmだって珍しくはない。
大きな岩魚は煮るか揚げて食べる。


15分ほどの僅かな時間でしたが、
7?8号の良いスレ鉤が入荷したら連絡してくれるように頼んで店を出ました。
連絡がなくてもまた行ってみよっ。(^o^)

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
スタイルもツヤツヤした肌もえがった?

来週あたり行ってみようかな!ルンルン(^v^)
2006/09/19(火) 23:18:00 | URL | 鉄腕 #79D/WHSg[ 編集]
No title
い、岩手の純朴な青年を妖気から守らねば守らねば守らねば。

ってどうやって?



生き血吸うのもほどほど組合ね。
2006/09/19(火) 23:14:00 | URL | エゾモモ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。