渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
釣った魚を食べない訳
2007年05月26日 (土) | 編集 |

私は釣りが下手だ。1年に10回ほどの釣行で、上手くなりたいという欲望も希薄だから当然と言えば当然。ある方が釣りはセンスだと言っていたが、私には才能がないというのが一番当たっていると思う。

それでも完全にボウズというのは一度きりで毎回そこそこの数の岩魚や山女魚が来てくれるので不満はない。


また釣れた魚を食べることも持ち帰ることも少ない。
理由の1つは20cm以下30cm以上の魚はリリースと決めているからだ。
私の腕で20cm以上はそんなに多くは釣れない。(ちなみに30cm以上はゼロ!)
さらに自宅に持ち帰る場合はサイズ制限に加えて2匹以上釣れることと、最終日の釣果に限定している。
私の釣行パターンは2泊3日だから、3日目の午前中に20cm以上で2匹以上釣れた場合、という3つの条件が揃うことは滅多にないから、家族がお土産の魚をほおばることも滅多にないのだ。


現場で食べることも少なくなった。料理が億劫になってきたのが最大の理由だが、
不味くて食べられないことがあったからだ。
あれは一昨年の5月、福島県熱塩の里川で釣れた岩魚だった。
2匹だけ夕飯のおかずに塩焼きにしたものの身はパサパサで嫌な匂いまでして、結局食べ切れず捨ててしまった。以来里川の岩魚は食べたくなくなった。

釣れても放す方が多いのだから、魚をできるだけ傷付けないためにハリは返しがないもの(バーブレス)を使っている。


呑まれたハリは先が細く曲がっているペンチを使えば簡単に外れるので是非試して欲しい。ペンチ
魚籠
ハリ外しの参考ビデオあり  


 


生かし魚籠の水中ビデオ


 
それでも弱らせてしまったら、この自称生かし魚篭に入れて流れの中で静養させればほぼ回復する。
このネットは100均で「虫カゴ」として売られていた物だが、とても柔らかい素材で魚の体表を傷付けず重宝している。最近見かけないが、これもおススメのアイテムだ。 


数年前まで良く相方と魚をキープする・しないでもめた。
20cm以下でも丸々と肥えた美味そうな山女魚を相方は食べたいのだ。
でも私はダメ出し。


20cm以上あっても「1匹だけ食べても仕方がないでしょ」と言う私に、
しまいに相方は怒りだす。
「俺は釣った魚を食べたいんだぁ!」「食べたいから釣る。当然の事じゃないか!」

里川で相方が20cmに少し足りない山女魚を釣った時のこと。
相方は食べたいと言うし私は絶対に放せと譲らず、しばしの間押し問答があって
渋々相方が山女魚を川に戻すと上から拍手が聞こえた。
驚いて見上げると年配のご夫婦が笑顔で拍手をしていた。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
私はヤマメも岩魚も大好きで小さいものは天麩羅

後は塩焼き味噌汁と必ず全部食べます

食べて美味しくない川にはドンナニ釣れても行きません。

食べる食べないもその人の考えでいいのでは?

魚は放流しなくても何年か経つと又増えます

堰堤や滝の上の魚は個人が放流したものが増えるのですから この国の少しばかり放流して漁業権を

となえるOO組合に皆で反対したいものです
2009/05/26(火) 18:40:00 | URL | 山田俊一 #79D/WHSg[ 編集]
No title
私も吉村渓流が好きですよ?。(^^)

>ご主人が 食べたい とゆう事も魚に対する愛情だと思います

私もその通りだと思います。

山菜を採って食べる事に例えると良く分かります。

タラの芽を採るために枝ごと折ってしまう人や未熟な物でも根こそぎ刈り取るように採ってしまう人と、魚を魚籠に入り切れないほど持ち帰る人って同じですよねぇ。

欲を張らず、ほどほどが一番いいですネ。
2007/06/18(月) 16:04:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
岩魚に対する愛情が感じられる記事ですね。

わたしももっぱら 吉村渓流 というスレ針を専門に

使っています。短先なので、稚魚も、飲み込みが少ないし、逆にヤマメの俊敏さにもぴったりです。

でも、ご主人が 食べたい とゆう事も魚に対する愛情だと思います。

奥多野の鮎川や、下仁田の青倉川の上流も、いいところですので、ぜひ一度出かけてみてください。

(やや減水気味で、一雨欲しいところです。)
2007/06/13(水) 23:43:00 | URL | よしお #79D/WHSg[ 編集]
No title
<B>パチ パチ パチ</B>

私も拍手をさせていただきました。
2007/06/03(日) 07:30:00 | URL | 杣女爺 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック