渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉のキノコは謎だらけ
2007年10月24日 (水) | 編集 |

近くの森にキノコ探し。しかし千葉県は一番高い山でも408m、平均標高が43mとい平野だ。
松茸もナメコもホンシメジもないし、あったとしても私には分かんないだろうな?(^^ゞ
ただ、ゴミのような見向きもされないキノコの中にもきっと美味しいものがあると信じて薮コギだ!キノコ全部

 













ヌメリササタケ

 

 

 

 

 

 

 

 








 ↑その一つがこのヌメリササタケ(10/14採取) 地味ですがナメコよりも味がある美味しいキノコだ。
特徴は粘性が強いことで小さいものは茎までヌメヌメ。茎は薄っすらと紫色がかっている。
今回は小さなものを2本見つけただけだった。

生えたウラベニ


















 

ウラベニ 






























↑これはウラベニホテイシメジ(千葉県ではニュウドと呼ぶ)。見栄えはいいし割合たくさんあるのだが、
美味しくないのだ?(/_;) そのままだと苦いが茹でた後に水でさらせばOK。ただし香りも旨味もなく
茎の食感のみ楽しいキノコ。すき焼き風に濃い目の味付けで。
同じイッポンシメジ科の毒キノコイッポンシメジクサウラベニタケと間違いやすいと言う。

知りたいキノコ2


























 



知りたいキノコ1 






















↑よく見かけて悩んでいるのがこのキノコだ。茎も傘もキャシャで、どこにでもあるような平凡な見た目。
これがクサウラベニタケかな?

チタケ2


















 

 

チタケ1





























↑茎の長いチチタケ(チタケ)で上は10/14、下は今日採取。千葉にもチチタケがあるとは!
栃木の人が好むキノコだがハツタケに似たようなボソボソした食感。
でも出汁が好く出ると聞いたのでチャレンジしてみるつもり。

ハナビラタケ 


















↑キクラゲの一種のハナビラニカワタケはゼラチン質で食感が良いキノコ(10/14採取)
どんな料理にも合い私は好き。

なぞのキノコ3











 



なぞのキノコ2


















なぞのキノコ1 















↑今日見つけたキノコで一番困ってしまったのがこのキノコだ!
全体が白いので遠くから見たら↓のドクツルタケかと思ったが全然違う。
大きなものは傘が10cmほどある。香りは強く(干乾びた中国産松茸のような…?)茎も
傘もシッカリしており粘性はない。時間が経ってもほとんど変色せず、特徴は傘の鱗状の柄。
いかにも美味しそうなのだが…(調査中)

ドクツルタケ 




































ドクツルタケ
はあんがいキレイだと思う。

ハツタケ似

 

 

 

 

 

 









 ↑傘の直径2?4cm、チチタケかハツタケのようなキノコで、汁は出なかったがヒダを傷つけると
赤紫に変色した。これも分かんないな?

ハイイロシメジ1


















 ハイイロシメジ2 




















↑もう一つの謎のキノコ。株状で生えていて傘も茎も非常に硬い!匂いは温和だが舐めると
少し苦味がある。ヒダは密でハツタケのように垂生ぎみだが傘はジョウゴ形にはならない。
色の変色はほとんどない。(調査中)⇒ハイイロシメジとのこと。

経験値のない私にはキノコは本当に難しい!でもキノコは見るのも食べるのも好きなんですよね。
困ったもんだ…

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。