渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な? ルアーマン…
2009年02月23日 (月) | 編集 |

久しぶりに釣り話になりますが、H15年(2003年)の7月、初めて奥鬼怒川で釣りをしたときの事です。

相方と二人であちこち釣り回って、最後に本流に下りてみました。

相方は広河原が好きですから、伸び伸びと釣りをし、良い形の岩魚を数匹上げていたのに、

逆に大きな川が苦手な私は、さえない釣りで腐っていました。

山間部の日暮れは早く、早目に切り上げないと危険だと分かっていたんですが、

さっぱり釣れないことと、相方に対する競争意識で、ついつい熱くなってしまい、

きわどい時間になっていることさえ気づかずにいたら、ふいに声がして、

「7時には真っ暗になりますよ。ボクは今からやりますが、早く上がった方がいいですよ」

と、ルアーを手にした青年が声をかけてきました。時間は6時半になっていました。

彼に声をかけられた時点で、すでに足元もおぼつかない状態になっていて、

河原を散歩させたらしい犬の足跡をたどって戻ろうとしたんですが、

遂にその足跡さえ見えなくなり、遠くの樹木の陰が白黒写真のように見えるだけ。

完全に方向を見失ってしまい、転げながら、迷走しながら、彼が示した方向を目指して進み、

アタリをつけた斜面を必死で這いつくばって登って、ようやく車に戻ることができました。

その時のことは、釣行記の中ではでサラリと触れていますが、

実は今でも不思議な感覚が消えない思い出なんですよねぇ…

私たちに声をかけてくれたのは20代なかばの男性で、私が「今から釣るんですか!?」と聞くと、
当然のようにうなずきました。

確かにヘッドライトで集魚して釣るという釣法もあるし、その釣法に対する賛否は別として、

真っ暗な中でルアー釣りをすることは、私が感じるほど不思議なことではないのでしょうか?

暗いとルアーの練習になるの?

それとも暗い方が釣れるからなのかな?

彼氏は人間だったのか…!?と思うほど、違和感がある出来事でした。

ここを見たルアーマンさん、教えてください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
本体はブログじゃないからコメント欄はないんですよ(●^o^●)

昨日ラスト釣行から帰ったんですが、栃木は激しく水が少なくてまいりました!

でも、水が少ないぶん魚の動きが良く見えたんで、「山女魚を釣る人は腕がいいんだな?」と心底感じることができました。

だってあいつらひったくりみたいです。
2009/09/18(金) 19:37:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
こんばんは。以前投稿させていただいたものです。

釣行記へのコメントの仕方がわからなくこちらの記事に

投稿させて頂きました。

イワナ28cm!おめでとうございます。

きれいな魚ですね。羨ましいです。

今年は群馬は水量はあったんですが、なかなか尺ちゃん

に会えませんでした。

でも先週、師匠が鮎川で32cmの素晴らしいヤマメを

釣りました。

おととしの台風9号の影響で、特に鏑川水系の川は

真っ直ぐに平らになってしまい、元通りになるには

4,5年かかりそうです。

今年ももうすぐ禁漁ですが、来年もまた美しい魚に

会いたいものです。

これからも楽しい記事を楽しみにしています。

インフルエンザが流行っていますので益々のご自愛を。

(陸に上がったカッパの海無し県生活、さんのブログもいいですよ)
2009/09/16(水) 22:00:00 | URL | よしお #79D/WHSg[ 編集]
No title
へ???バスを夜釣りですか!? しかも渓石さんが…(●^o^●)

釣行記2の写真を見てもらえば分かりますが、大きな石積み重なってすごく歩き難いし足場が悪い河原でした。

ずっと同じ場所に立っているならば何とかなると思うけど、ヘッドライトなしじゃ、どこが川かさえ分からないと思うんだけどね…
2009/03/25(水) 21:46:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
昔、バス釣りをしていた頃は、夜釣りが殆どで、ルアーは着水音で方向を確認し、目をつむってリーリングしてました。

でも、渓流だとそうはいかないと思うのですが?
2009/03/25(水) 18:26:00 | URL | 渓石 #79D/WHSg[ 編集]
No title
なるほど?!視覚じゃなく触覚でアタリをつかむから夜釣りでもOKなんですね。

ルアーはやったことがないので、そういう釣りだとは知りませんでした。

きっと川を良く知っている地元のルアーマンだったんでしょうね。

ありがとうございました。
2009/03/06(金) 21:55:00 | URL | 鉄腕たろう #79D/WHSg[ 編集]
No title
こんちは。私は元ルアーマンのテンカラ師ですがルアーの場合は手元にガツンと来る向こうアタリなのでポイントさえ把握していれば結構釣りになります。以前はついつい真っ暗になるまで粘ってしまうことがありました。後、特にソルトルアーの世界では暗闇での釣りは一般的ですね。
2009/03/06(金) 17:47:00 | URL | GON #79D/WHSg[ 編集]
No title
iwana-kenです。感じたことですが

このルアーマンは既に・・・・。やめましょう。こんなこと書くのは・・・。



とても釣りが好きな地元の青年でしょう。

僕もよく夏は夜8時ごろまで釣りをしていますよ。

不思議な体験はいっぱいありますよ。
2009/02/24(火) 08:06:00 | URL | iwana-ken #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。