渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正体不明のキノコはサマツモドキ
2010年10月13日 (水) | 編集 |
このキノコの正体はサマツモドキでした!
気になってもう一度行ってみました。ブナなどが茂る別荘地の一角で、地面は苔に覆われています。頑丈で姿も美しいキノコだし、匂いも薄く穏やかで美味しそうに見えるのですが不食だそうで残念。

 こんな場所
ここにしかない

 先日のキノコ
3日前
 立派な大きさ
茎も伸びた
 傘がめくれて
3日後の今日
 裏側
ヒダは優しいクリーム色
ヒダは緻密です
非常に密です 
 キノコのサイズ
全部で4本の株+チビ1本
 キレイなキノコ
いい形のキノコです
 乗ってます
親子?
 赤紫の傘
傘はアズキ色でビロードみたい
 ウラから見たところ
頑丈なキノコです
 中はこんな感じ

匂いは薄く温和で少しだけかじってみると無味、というか…美味しいかも^^;
形態からキシメジ科のキノコだと思う。

結局サマツモドキというキノコと分かりましたが、食べられないようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。