渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチなキノコがいっぱい!
2012年07月17日 (火) | 編集 |
  千葉県もけっこう美味しいキノコが採れます。

タマゴタケ
タマゴダケ 
 タマゴタケ 
blog_import_4dc658bc7836b.jpg
派手な色だしテングダケ(毒)に似ていて怖がる人が多のですが、イタリアの「オーヴォリ」とほぼ同じキノコ。
傘からクリーム色のなめらかな旨味があるスープが出て、バターやクリームとの相性抜群! 
しかし去年は不作でまったく姿を見せなかったな~

アミガサタケ
アミガサタケ 
モリーユ 
見た目はちょっとグロテスクなキノコですが、フランスではトリュフ以上に珍重される「モリーユ」という高級キノコ 。
私的にはまだ美味しい食べ方が分かっていないキノコです。(^^ゞ

ヤマドリタケ
アカヤマドリタケ アカヤマドリタケ
ヤマドリタケモドキ ヤマドリタケモドキ
去年の秋 2011年秋の収獲
ムラサキヤマドリタケとヤマドリタケモドキ
ヤマドリタケモドキ 2012年夏
(左のざる)ムラサキヤマドリタケとアカヤマドリタケ、(右のざる)ヤマドリタケモドキ
ムラサキヤマドリタケ 傘も茎も硬く引き締まった肉質でクリクリした食感があります。
アカヤマドリタケ ヤマドリタケの中で一番美味しいと言われ、濃厚な旨味があります。
 アカヤマドリタケ ←切ると茎も傘も黄色。タマゴタケ同様黄色いスープが出る
ヤマドリタケモドキ 「モドキ」なんていう怪しげな名前ですが、イタリアで「ポルチーニ」、フランスで「セップ」と呼ばれる高級キノコの日本版がこのキノコです。
固体によって色や形状が微妙に違ったり、赤ん坊の顔ぐらい大きくなったり…面白いキノコです。
スライスして半日~1日放置して水分を飛ばすと、香りがまして一段と美味しくなることを犬友のシェフに教わりました! 

アンズタケ
アンズタケ 
ほんのり杏の香りがして、見た目より肉質はシッカリとしていて癖がないキノコです。
フランスでは「ジロール」といい、色々な肉料理に合うので重宝されているようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。