渓流釣、山菜やキノコなどの楽しみ方
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海釣りとの決別」
2005年07月31日 (日) | 編集 |
海釣りと言っても船釣りや磯釣りの経験はありません。
しかもハゼ・キス・セイゴ・鯖・鯵・鰯・サヨリ・ボラ・イシモチ・
カレイ・穴子など小物釣りだけです。
相方の叔父が漁師だったので、ツワイソ(=イナダ富山県ではそう呼びます)
のトローリングをやった事がありますが、それも一回だけ。
鮒や鯉などもやってみましたが、どの釣りもそれなりに面白くても
夢中になるほどではありませんでした。
渓流に行けない年月を他の釣りでお茶を濁していただけなのかもしれませんが、
ある日を境に一切釣りをやめてしまいました。
きっかけはセイゴ(スズキ・シーバスでもいい)の夜釣りです。

相方に誘われてやってみたものの何かつまらない。
この釣りはリール竿に電気浮きを着けて防波堤から遠投し、
魚が掛かると竿先に着けた鈴が鳴るのでリールを巻くだけです。
鈴が鳴るまではおしゃべりするかボーッとしていればいい。
中には何本も竿を並べている人もいました。
波の間に間に電気浮のライトが見え隠れして、まるで灯篭流しみたいです。

何度目だったでしょう?気乗りしないまま相方に同行して遂にキレちゃいました。
真っ暗な防波堤で大喧嘩したような記憶があります。
「こんなの釣りじゃない!もう釣りは2度とやらない!」と怒鳴った。
生来短気です。行列に並ぶのも、人を待つのも、魚を待つのも嫌い。
だいたいこんな釣りが釣りと言えるのか!?
「魚釣り」じゃなくて「魚捕り」でしょ。というのが私の主張なんですネ。

釣りというのは魚との知恵比べというか綱引きというか…
釣ろうとして様々なテクニックや試行錯誤をするわけで、
その最中にまんまと魚が食いつくから「来たッ」とか「ドキッ」と気持ちがわくのですよ。
次に魚の動きを体に感じながら取り込みまでの緊張感を味わう。

しかしこの夜釣りは前の部分の楽しみがズッポリ抜けている。
よほどの大物は別としても、釣れちゃってる訳だから
作業のようにリールを巻くだけで後半部分の緊張も薄い。
第一夜の海風はベタベタして気持ちが悪いし、暗くて待ち時間に本を読む事さえできないじゃん。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
そうだそうだ!
2007/09/12(水) 21:49:00 | URL | おお! #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。